町田市野津田町 シンプルモダンの白い家 - 基礎工事が始まりました

皆さん、こんにちは。

基礎工事が始まりました。

土地の造成からまだ1年しか経過していないため傾斜地の下側の擁壁近くは盛土をしているため地盤調査の結果、通常部分より150mm深い深基礎になることになりました。

そこで、根切作業の段階で深基礎となる部分から想定外の物が出てきました。

浸透トレンチという枡が土中に埋設されていました。

本来であれば隣地境界に近い部分に埋設されていなければならないものが、約800mmもずれて埋設されていました。
それも、このプラスティックの枡が基礎の立ち上がり部分に沿って4.5mも埋まっているのです。

造成図面では隣地境界際に埋設されていることになっていたので存在自体は分かっていたのですが、まさか基礎の真下にあるとは.....

深基礎でなかったら分からないような深さに埋まっていました。

どのように処置するか検討する必要もあり、余計な工程が増えてしまい面倒だけど、見つかって良かったです。
なんせプラスティックの箱の上に建物の基礎を施工することはできませんので発見できて良かったです。

ということで、基礎工事は一旦中断して、どのように処置するか検討することになりました。

*****************************************************************

鶴川、町田、成瀬、多摩、稲城、若葉台、新百合ヶ丘、麻生で

注文住宅を建てるなら

芝 増上寺の旧本堂鬼瓦を製造し同本堂を施工した小島工務店の系譜を受け継ぐ

カナヤホーム・レジデンシャル