横浜市青葉区 注文住宅 漆喰と無垢材を使った自然素材の家 - 基礎工事、進んでいます

皆さん、こんにちは。

基礎工事も粛々と進んできています。

捨てコンクリートの打設も終り、基礎の配筋も進んできました。

弊社の鉄筋は全て直径が13mmのものを使用していますので非常に強固な基礎となります。(通常、立ち上り部分は直径10mmのものを使うのがほとんどですが、弊社は高品位住宅の構造を採用しているためより強固な基礎になっています。)

また、配筋ピッチも150mm間隔です。まだまだ300mm間隔や、良くても200mm間隔ピッチが多い中、弊社は基礎に力を入れています。

*********************************************************

鶴川、町田、成瀬、多摩、稲城、若葉台、新百合ヶ丘、麻生で

シンプルモダンのデザイン注文住宅を建てるなら芝 増上寺の旧本堂鬼瓦を製造し

同本堂を施工した小島工務店の系譜を受け継ぐカナヤホーム・レジデンシャル