横浜市青葉区 注文住宅 漆喰と無垢材を使った自然素材の家 - 垂木と御影石の基礎パッキン

皆さん、こんばんは。

 

今回の住宅では、特別仕様になっている部分が何箇所かあります。

その一つが、屋根の垂木部分で2x6の乾燥材を使っています。通常は米松とか米栂とか杉とかの45x45mmとか45x60mm材を使用しますが、2x6(38x140mm)材を縦使いすることにより材木そのものの数量を減らしてコストを削減するとともに大工の手間を少なくして工期短縮を目指しています。

 

あと、先日掲載できなかった御影石の基礎パッキンです。

ちなみに、基礎の角の部分はコーナーハンチです。これにより地震時における荷重やねじれを逃がしてくれるような構造になっています。

*********************************************************

鶴川、町田、成瀬、多摩、稲城、若葉台、新百合ヶ丘、麻生で

シンプルモダンのデザイン注文住宅を建てるなら芝 増上寺の旧本堂鬼瓦を製造し

同本堂を施工した小島工務店の系譜を受け継ぐカナヤホーム・レジデンシャル