トップ > 事業内容 > コーポラティブハウス

コーポラティブハウス

コーポラティブハウスとは、「自ら居住するための住宅を建設しようとする者が複数人集まり、組合を結成し、共同して事業計画を定め、土地の取得・建物の設計・工事発注・その他の業務を行い、住宅を取得し管理していく方式である。」と、昭和53年3月、旧 建設省(現 国土交通省)住宅局によって定義されています。
すなわち、コーポラティブハウスは、分譲マンションの購入とは全く異なり、組合の構成員である皆様が事業計画を定め、土地の取得や建物の設計、更には工事の発注等を直接行うこととなります。
しかし、現実的には皆様が独自で土地を探したり設計プランを考えることはなかなか難しいため、弊社が皆様に代わってその事業プロジェクトのための土地探し、外観/構造設計プラン、内装プラン等のコーディネート業務を行います。但し、計画全般の最終的な決定権は組合構成員となる皆様が握ることになります。

コーポラティブハウス コーポラティブハウス

このようなシステムを採用することにより、そこに住む人々がそれぞれの思い入れをもって自分の住むべき集合住宅を共同(協同)して建てるという分譲マンション購入では絶対に経験できない住まいづくりが可能となります。

分譲マンションと違って、住む人々が、計画当初から参加することで次のようなメリットが挙げられます。
1. 多くの広告活動や中間マージンが省かれるためリーズナブルな価格で取得できる
2. ライフスタイルに合わせた自由な設計ができる
3. 建設前から誰が参画しているかが分かるため住民同士の良好なコミュニティー形成が期待できる

日本におけるコーポラティブハウスの歴史はまだ数十年というものですが、その世帯数は日本全国でも1万戸内外であり全体量からすると非常に稀少な存在ですが、住む方々からは多くの支持を受けています。 しかしながら、その存在は東京および近県においては都心部に限定されており、弊社では多摩地域、横浜北部地域、川崎北部地域、相模原や厚木などの湘北地域で本事業を展開する予定です。

コーポラティブハウス コーポラティブハウス

コーポラティブハウス

また、弊社ではコォ・ハウスと名付けコーポラティブハウスの戸建バージョンも展開する予定です。これは、土地の外周部には塀やフェンスを設け居住者/来訪者は専用ゲートからの出入りを行い、土地内部は区分所有としますが、土地内には塀やフェンスを設けず、駐車場、更には芝生の小山、小川や池などの協定スペースを設け、そこに住む人々のコミュニティーを意識した戸建型の集合住宅であり、いわゆる建売住宅とは全く趣を異にする住宅です。コーポラティブハウス同様、弊社ではその事業用地の確保、各戸建のプランなどをコーディネートします。

▲TOPへ

お問い合わせ

お客様専用ダイヤル0800-111-7878

カナヤホーム・レジデンシャル
株式会社

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷5-11-10
電話番号:042-734-7578