トップ > 資金計画のアドバイス

資金計画のアドバイス

私の経験から資金面に関するアドバイスは山ほどあります。
しかしながら、全てを書き出すことができないのでその内のいくつかを紹介したいと思います。もちろん、基本的なものばかりですが皆様の参考になれば幸いです。

【携帯電話料金の見直しから始めよう】


家を建てるにはとにかくお金が掛かります。家を建てた人の90%以上の人が引越しの前後1年以内にTVや冷蔵庫、更には洗濯機などの何かしらの家電品を買い換える統計が出ています。カーテンの費用だって結構なものです。だからこそ、家を建てたいと思ったら、身の回りの生活の中でも切り詰められるもの、例えば、携帯電話の費用、新聞代などを気にするくらいの気持ちに切り替えることが必要です。ときには携帯電話会社を変えることだって考えないといけません。でも、趣味や嗜好品、食費など過度の切り詰めは禁物です。これらを切り詰めると気が萎えてきます。先づは資金面の算段から始める訳ですが、その一つひとつが家族の家に結びついていくということですね。

【資金、心配だなぁというあなた、そうあなたです】


家を建てたいと思ったら漠然とで良いので大体の引越しの時期とかいつごろ家を建てたいなぁとか決めて家造りに取り掛かりましょう。家造りといってもあくまで最初は漠然とで構いません。段々、その漠然としていたものが勉強をしていく内に具体的になってくることでしょう。本や雑誌を見て勉強したり、展示場行ったり、その内に関心が家の構造なのか、お金のことなのか、人によって様々ですが絞られてくると思います。で、もっとも重要なのがオカネのことです。でも、オカネのことって、結構自分で把握しているつもりでも分かっていないことって結構多いんです。だから、そんなこと深く考えず家が欲しいと思ったら住宅会社の門をたたいたり、資金計画セミナーなんかに参加しましょう。おのずと答えが見えてくるものです。

【提携ローンが一番良い訳ではない】


家を建てようと思うと大体の人はその住宅メーカーなり、ビルダーや工務店の人に資金のことを相談すると思いますが、そのほとんどの会社が提携ローンなるものを用意しています。提携ローンは簡単で良いのですが、メリットは簡単というだけで必ずしもあなたにとってベストな融資とは限らないケースがほとんどです。本当は自分の脚であなたにとってベストな融資を提供してくれる金融機関を探すべきなのですが、時間の制約や経験不足からなかなかできないのが現実です。今までのシステム上に成り立っている住宅会社では所詮、提携ローンを紹介されて終わっているケースが大半でしょう。

【借りられる限度額と借りていい額は違うもんだと思え】


いま頭金として用意できる額が○○円で、毎月の給与が△△円で現在の家賃が□□円だから、あなたの借り入れ可能額は▲▲円ですとかいう試算がよくありますが、これを鵜呑みにしてはいけません。
今、時代は100年に一度の大不況の真っ只中です。何が起こっても不思議ではありません。何がってなんだろうとかノンキなことを考えていてはいけません。もし、あなたやあなたの配偶者が民間会社にお勤めならば何があっても不思議ではないと思っていた方が良いのです。そう、何があってもなんです。だから、毎月●●円をローンに廻せるとか考えていても、その額から15~25%程度低い額をローン支払いに充てるように資金計画を組むべきです。そして、家を建て、もし、幸いにも何もなければ繰上げ返済をするも良し、家族みんなで旅行に行くも良し、それは家族で決めてください。

【注文住宅の着工の段階では銀行はお金を貸してくれない】


金融機関というものは現にあるものにしか抵当をつけません。現にないものにはオカネを貸してくれないということです。言い方を変えると銀行はできあがった家に抵当を入れることを条件にあなたにオカネを融資してくれるのです。でも、融資の実行は家が竣工した時です。で、皆さんの多くは数百万円から1000万円くらいの資金は目処が付いているのではないでしょうか? でも、家を建てるには十分ではない額であることはお分かりですね。ということは、オカネがショートするので家が建つまでの間、金融機関は「つなぎ融資」なる融資をしてくれて家を建てることができるのです。が、しかし、この「つなぎ融資」の金利/手数料がバカになりません。

【銀行の言いなりになってはいけない】


銀行って聞くと、なんか身構えちゃう人っていると思います。普段、お金を引き出しに行く程度であればそんなことないのでしょうが、住宅ローン融資の相談なんかであのローテーブルの座席につくようなことがあろうもんならそんな風に思われる方も多いのではないでしょうか? 大体、銀行の店の内外には住宅ローンのポスターが貼ってあったり、チラシがおいてありますが、大体の人は優遇金利がどうのこうの書かれているのを見て、なるほど、じゃぁ、自分は何%になるなって考えていると思うのですが、実際の折衝が始まったら、他の金融機関でも検討していることを伝えて話を有利に進めることを試してみてください。所詮、銀行も民間企業です。

【時機を逃してはならない】


1990年までのバブル期はもちろんこと、数年前のレベルと比較しても今は地価が確かに低くなってきています。そういう意味では建売だろうがマンションだろうが土地を買って家を建てようが今は住宅の買い時です。これは確かです。もちろん、金利も低いのも事実です。でも、今、家を買おう、家を建てようと思っている人にとっての買い時であって、いま買おうとしていない人にとっては買い時でも何でもないのも事実です。これは地価が高かろうが利率が高かろうが同様です。人が買ったからだとか、そういう理由ではなく、あなたとあなたの家族にとっての時機を大事にしてください。しかし、もう少し待てばもっと土地の価格が安くなるだろうとか欲を出すと良い不動産には巡り合えないと思ってください。今を大事にしてください。


出来高払い制度システム

弊社では、施主の皆様に出来高払い制度システムのご利用を推奨しております。
出来高払い制度は、提携金融機関より建築工事の着工前に住宅ローンが実行される注文住宅専用の仕組みです。
出来高払い制度システム運営会社が建築主の資金を住宅の完成まで管理し、出来高に応じて工事代金の支払いを代行することで、工事着工前に住宅ローンが実行されます。
工事代金を住宅ローンで支払うことができますので、つなぎ融資は必要ありません。
また、完成保証を付保して建築主の資産を守ります。出来高に応じて、できあがった部分がその都度建築主の資産となっていきます。

住宅ローン・モーゲージサービス

弊社では、住宅ローンが借りられるか心配という方々を対象に、 より多くの金融機関を対象にお借入れの可能性を追求するサービスを運営しているモーゲージブローカー企業と提携しております。 数多い住宅ローン融資の中からお客様の条件にマッチする融資を探し出すことが可能です。

▲TOPへ

お問い合わせ

お客様専用ダイヤル0800-111-7878

カナヤホーム・レジデンシャル
株式会社

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷5-11-10
電話番号:042-734-7578